la galerie

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

谷内 薫|存ルモノ 在ルモノ

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




谷内 薫|存ルモノ 在ルモノ

a0122818_2012582.jpg


会 期:2011年10月13日(木)〜 10月31日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(10/31)は17:00まで。

作家在廊予定日:10/15(土)、23(日)、31(月)




カタチなき形を提案する空間が

自らと向き合い

自らを知るてがかりになればと思う。


             谷内 薫





◆ 10月15日(土)「アーティスト・トークと茶会」

作品に込めた思い、つくるということとは?

作家によるトークの後は、作品を銘々皿につかった茶会を開催します。

亭主は谷内 薫。お点前は哲学者・鞍田 崇が務めます。


日 程:2011年10月15日(土)
時 間:アーティスト・トーク・・・15時30分〜  茶会・・・17時00分〜
料 金:アーティスト・トーク・・・無料  茶会・・・1,500円(定員6名/要予約)


ご予約:お名前/人数/お電話番号を明記し、タイトルを「10/15茶会予約」としていただき、info@glanfabrique.com までお申し込みください。
お電話でも受付しております。072-621-6953 までご連絡ください。



鞍田 崇 |Takashi KURATA

a0122818_15292936.jpg

1970年兵庫県生まれ。京都在住。

京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士。専門は哲学・環境思想。現在、総合地球環境学研究所(地球研)特任准教授。
暮らしの“かたち”を問いなおすという視点から、宗教、民俗、農業、工芸、建築、デザイン、アートなど様々なジャンルを手がかりに、現代社会における環境問題の思想的意味を吟味している。
足かけ4年にわたって地球研で企画を務めた 「人と自然:環境思想セミナー」 は、その端緒となった試み。2010年9月に最終回をむかえた後も、場所を街中にうつし、多くのトークイベントを手がけている。
おもな著作に、『地球環境学事典』(分担執筆 弘文堂 2010)、『ユーラシア農耕史』(編著・全5巻 臨川書店 2008-2010)、『古寺巡礼 高山寺』(共著 淡交社 2009)、『たべることは つながること』(共訳 福音館書店)など。
2010年9月より月刊誌『ソトコト』(木楽舎)でコラム「21世紀の暮らし哲学」を連載中。

ブログ「ぼちぼちな日々 京都通信」:http://blogs.brash.jp/kyoto_life/



谷内 薫|Kaoru TANIUCHI

a0122818_15304356.jpg

1983年 奈良県生まれ。奈良県在住。

京都精華大学芸術学部テキスタイルデザインコース卒業後、奈良・京都で陶芸を学ぶ。
滋賀県立陶芸の森 スタジオ・アーティスト。

個展
2008 谷内薫 展(ギャラリーマロニエ・京都)
2009 谷内薫 展(ギャラリー白・大阪)
     谷内薫 作品展(arton art gallery・京都)
2010 谷内薫 作品展‖(arton art gallery・京都)
     谷内薫 展(ギャラリー恵風・京都)
2011 谷内薫 展(ギャラリー揺・京都)

グループ展・その他
2008 まちなかアートin信楽2008(ギャラリー蓮月・滋賀)
     現代美術小品展(ギャラリーSUZUKI・京都)
2009 第20回日本陶芸展 入選
     第27回朝日現代クラフト展 入選
     第29回長三賞現代陶芸展 入選
     New Friends Art and Adventure A Ceramic Art Exhibition(オーストラリア国際交流基金ギャラリー・シドニー)
     NAPプレ展示会(CASO・大阪)
     星に願いを(neutron tokyo・東京)
     現代美術小品展(ギャラリーSUZUKI・京都)
     第49回日本クラフト展 入選
2010 陶芸の提案2010(ギャラリー白・大阪)
     それぞれの風景展(アートスペースかおる・兵庫)
     アートフェア京都(ホテルモントレ京都・京都)
     第18回国際丹南アートフェスティバル2010
     Naturals,Not By Nature(エスプリ・ヌーボーGallery・岡山)
     NAPグループ展「ザ・great盆地フロンティア」(カイナラタクシービル・奈良)
     現代美術小品展(ギャラリーSUZUKI・京都)
2011 陶芸の提案2011(ギャラリー白・大阪)
     ヤヨイヅキノハナ(けいはんな記念公園水景園・京都)
     素材と表現2011(福井市美術館・福井)
     ワンダーランド 陶アート展(TKGセラミックス・京都・東京)
     第19回国際丹南アートフェスティバル2011
     三人のカタチ(Gallery Den mym・京都)





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-10-31 17:00 | アーカイブ

舩橋陽 個展「きなり」

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




舩橋陽 個展「きなり」

a0122818_15274775.jpg


会 期:2011年9月15日(木)〜 10月10日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※10/8(日)は16:00まで。最終日(10/10)は17:00まで。

作家在廊予定日:9/18(日)、25(日)、10/10(月・祝)




近年、音の作品をつくるようになり、
一体、僕は何をやっているのかと考えた時、

「音を剥き出しにしている」

と、ふと思い至った。

姿が無いからだろうか?
音は実に正直だ。

音と、その正直さを剥き出しにしていきたい。

                 舩橋 陽





◆9月25日(日)ギャラリーライブ「きなりのほと」

本展期間中、作家によるギャラリーライブを行います。

日 時:2011年9月25日(日) 17:00〜

料 金:無 料(ライヴはカンパ制となりますので、皆さまのご協力をお願いいたします!)

出 演:行川さをり(from TOKYO) 舩橋 陽



行川 さをり|Sawori NAMEKAWA

大学のJAZZサークルで音楽に目覚め、ボーカルを始める。
Dianne Reevesに影響を受けてブラジル音楽に傾倒し、現在はギタリスト前原孝紀との活動を中心に、JazzとBrazil音楽(BossaNona等)のソロボーカリストとして精力的に活動中。
また、様々な歌唱法を用いたボイスアーティス トとしても活動開始。
ジャンルにとらわれない、音空間における声の存在の可能性を模索中。

http://www.namekawasawori.com/



◆10月10日(月)クロージング・パフォーマンス「おはりのほと」

展覧会最終日、小さな音楽会という形で音を出してみようと思います。
サキソフォン以外にも展示している作品で音を出します。
今回はクロージングという事で無料です。
お気軽に、是非いらしてください。

※この日は個展最終日のため、展示は17:00までとなります。

日 時:2011年10月10日(月・祝) 15:00頃〜

料 金:無 料

出 演:舩橋 陽(sax,etc)

※当日、カフェ百花は通常営業しております。お席にお着きになるお客さまについては、オーダーいただきます。
※駐車場の台数に限りがございます。出来るだけ公共の交通機関を使ってお越しください。お止めいただけない場合は近隣のコインパーク等、有料駐車場のご利用をお願いいたします。



舩橋 陽|Yow FUNAHASHI

1969年 大阪生まれ。
1993年 大阪芸術大学 デザイン学科 インダストリアルデザインコース卒業。

1995年より音楽家として、サキソフォンの即興演奏による活動を開始。
1996年以降、舞台作品への音楽の創作にも積極的に関わり、多くのカンパニー、振付家、演出家の作品に楽曲提供および演奏で参加。
その中の幾つかの作品は、イタリア、ドイツ、ポーランド、アメリカ、韓国でも上演された。
2006年以降、ファッションレーベル「NO CONTROL AIR」のエキシビジョンへのサウンドクリエイションを継続している。

2008年より美術家として公募展への出展を開始。
2011年1月 FALL(東京・西荻窪)にて初個展[+one]
2011年5月 森岡書店(東京・茅場町)にて一日展と音楽会「書見机の分光器」
2011年9月 月眠ギャラリー(大阪・北浜)にて一日展と音楽会「白方偏差移の定点観測」を開催。

現在は東京を拠点に活動。

ブログ[アメフラシ アマハラシ]:http://yowfnhs.exblog.jp/





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-10-10 17:00 | アーカイブ