la galerie

カテゴリ:アーカイブ( 66 )

谷内 薫|存ルモノ 在ルモノ

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




谷内 薫|存ルモノ 在ルモノ

a0122818_2012582.jpg


会 期:2011年10月13日(木)〜 10月31日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(10/31)は17:00まで。

作家在廊予定日:10/15(土)、23(日)、31(月)




カタチなき形を提案する空間が

自らと向き合い

自らを知るてがかりになればと思う。


             谷内 薫





◆ 10月15日(土)「アーティスト・トークと茶会」

作品に込めた思い、つくるということとは?

作家によるトークの後は、作品を銘々皿につかった茶会を開催します。

亭主は谷内 薫。お点前は哲学者・鞍田 崇が務めます。


日 程:2011年10月15日(土)
時 間:アーティスト・トーク・・・15時30分〜  茶会・・・17時00分〜
料 金:アーティスト・トーク・・・無料  茶会・・・1,500円(定員6名/要予約)


ご予約:お名前/人数/お電話番号を明記し、タイトルを「10/15茶会予約」としていただき、info@glanfabrique.com までお申し込みください。
お電話でも受付しております。072-621-6953 までご連絡ください。



鞍田 崇 |Takashi KURATA

a0122818_15292936.jpg

1970年兵庫県生まれ。京都在住。

京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士。専門は哲学・環境思想。現在、総合地球環境学研究所(地球研)特任准教授。
暮らしの“かたち”を問いなおすという視点から、宗教、民俗、農業、工芸、建築、デザイン、アートなど様々なジャンルを手がかりに、現代社会における環境問題の思想的意味を吟味している。
足かけ4年にわたって地球研で企画を務めた 「人と自然:環境思想セミナー」 は、その端緒となった試み。2010年9月に最終回をむかえた後も、場所を街中にうつし、多くのトークイベントを手がけている。
おもな著作に、『地球環境学事典』(分担執筆 弘文堂 2010)、『ユーラシア農耕史』(編著・全5巻 臨川書店 2008-2010)、『古寺巡礼 高山寺』(共著 淡交社 2009)、『たべることは つながること』(共訳 福音館書店)など。
2010年9月より月刊誌『ソトコト』(木楽舎)でコラム「21世紀の暮らし哲学」を連載中。

ブログ「ぼちぼちな日々 京都通信」:http://blogs.brash.jp/kyoto_life/



谷内 薫|Kaoru TANIUCHI

a0122818_15304356.jpg

1983年 奈良県生まれ。奈良県在住。

京都精華大学芸術学部テキスタイルデザインコース卒業後、奈良・京都で陶芸を学ぶ。
滋賀県立陶芸の森 スタジオ・アーティスト。

個展
2008 谷内薫 展(ギャラリーマロニエ・京都)
2009 谷内薫 展(ギャラリー白・大阪)
     谷内薫 作品展(arton art gallery・京都)
2010 谷内薫 作品展‖(arton art gallery・京都)
     谷内薫 展(ギャラリー恵風・京都)
2011 谷内薫 展(ギャラリー揺・京都)

グループ展・その他
2008 まちなかアートin信楽2008(ギャラリー蓮月・滋賀)
     現代美術小品展(ギャラリーSUZUKI・京都)
2009 第20回日本陶芸展 入選
     第27回朝日現代クラフト展 入選
     第29回長三賞現代陶芸展 入選
     New Friends Art and Adventure A Ceramic Art Exhibition(オーストラリア国際交流基金ギャラリー・シドニー)
     NAPプレ展示会(CASO・大阪)
     星に願いを(neutron tokyo・東京)
     現代美術小品展(ギャラリーSUZUKI・京都)
     第49回日本クラフト展 入選
2010 陶芸の提案2010(ギャラリー白・大阪)
     それぞれの風景展(アートスペースかおる・兵庫)
     アートフェア京都(ホテルモントレ京都・京都)
     第18回国際丹南アートフェスティバル2010
     Naturals,Not By Nature(エスプリ・ヌーボーGallery・岡山)
     NAPグループ展「ザ・great盆地フロンティア」(カイナラタクシービル・奈良)
     現代美術小品展(ギャラリーSUZUKI・京都)
2011 陶芸の提案2011(ギャラリー白・大阪)
     ヤヨイヅキノハナ(けいはんな記念公園水景園・京都)
     素材と表現2011(福井市美術館・福井)
     ワンダーランド 陶アート展(TKGセラミックス・京都・東京)
     第19回国際丹南アートフェスティバル2011
     三人のカタチ(Gallery Den mym・京都)





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-10-31 17:00 | アーカイブ

舩橋陽 個展「きなり」

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




舩橋陽 個展「きなり」

a0122818_15274775.jpg


会 期:2011年9月15日(木)〜 10月10日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※10/8(日)は16:00まで。最終日(10/10)は17:00まで。

作家在廊予定日:9/18(日)、25(日)、10/10(月・祝)




近年、音の作品をつくるようになり、
一体、僕は何をやっているのかと考えた時、

「音を剥き出しにしている」

と、ふと思い至った。

姿が無いからだろうか?
音は実に正直だ。

音と、その正直さを剥き出しにしていきたい。

                 舩橋 陽





◆9月25日(日)ギャラリーライブ「きなりのほと」

本展期間中、作家によるギャラリーライブを行います。

日 時:2011年9月25日(日) 17:00〜

料 金:無 料(ライヴはカンパ制となりますので、皆さまのご協力をお願いいたします!)

出 演:行川さをり(from TOKYO) 舩橋 陽



行川 さをり|Sawori NAMEKAWA

大学のJAZZサークルで音楽に目覚め、ボーカルを始める。
Dianne Reevesに影響を受けてブラジル音楽に傾倒し、現在はギタリスト前原孝紀との活動を中心に、JazzとBrazil音楽(BossaNona等)のソロボーカリストとして精力的に活動中。
また、様々な歌唱法を用いたボイスアーティス トとしても活動開始。
ジャンルにとらわれない、音空間における声の存在の可能性を模索中。

http://www.namekawasawori.com/



◆10月10日(月)クロージング・パフォーマンス「おはりのほと」

展覧会最終日、小さな音楽会という形で音を出してみようと思います。
サキソフォン以外にも展示している作品で音を出します。
今回はクロージングという事で無料です。
お気軽に、是非いらしてください。

※この日は個展最終日のため、展示は17:00までとなります。

日 時:2011年10月10日(月・祝) 15:00頃〜

料 金:無 料

出 演:舩橋 陽(sax,etc)

※当日、カフェ百花は通常営業しております。お席にお着きになるお客さまについては、オーダーいただきます。
※駐車場の台数に限りがございます。出来るだけ公共の交通機関を使ってお越しください。お止めいただけない場合は近隣のコインパーク等、有料駐車場のご利用をお願いいたします。



舩橋 陽|Yow FUNAHASHI

1969年 大阪生まれ。
1993年 大阪芸術大学 デザイン学科 インダストリアルデザインコース卒業。

1995年より音楽家として、サキソフォンの即興演奏による活動を開始。
1996年以降、舞台作品への音楽の創作にも積極的に関わり、多くのカンパニー、振付家、演出家の作品に楽曲提供および演奏で参加。
その中の幾つかの作品は、イタリア、ドイツ、ポーランド、アメリカ、韓国でも上演された。
2006年以降、ファッションレーベル「NO CONTROL AIR」のエキシビジョンへのサウンドクリエイションを継続している。

2008年より美術家として公募展への出展を開始。
2011年1月 FALL(東京・西荻窪)にて初個展[+one]
2011年5月 森岡書店(東京・茅場町)にて一日展と音楽会「書見机の分光器」
2011年9月 月眠ギャラリー(大阪・北浜)にて一日展と音楽会「白方偏差移の定点観測」を開催。

現在は東京を拠点に活動。

ブログ[アメフラシ アマハラシ]:http://yowfnhs.exblog.jp/





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-10-10 17:00 | アーカイブ

山内 浩 写真展「しるし ー Signs.ー」

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




Hiroshi YAMAUCHI Photo Exhibition “Signs.”
a0122818_20345885.jpg


会 期:2011年8月20日(土)〜 9月12日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(12日)は17:00まで




M9.0という未曾有の大地震は震源地周辺の東北三県に圧倒的な破壊をもたらした。

発生が確実だとされ、常に高度の準備と対策を行ってきた中で起きたこの天災は、

しかし、人間が設けた物差しがついに天変地異を読み切る事が出来ないといまいちど証明したに過ぎない。

被災地の撮影は、地震と津波が残した傷跡とそこに確かに在った街、生活、人生のしるしを掬い上げる作業だったと今は思う。

                                              山内 浩





◆8月21日(日)山内 浩 × 服部 滋樹(graf)によるギャラリートークを行います。

日 時:2011年8月21日(日) 開場/17:30 トーク/18:00〜

会 場:ギャラリー la galerie(GLAN FABRIQUE 1F)

料 金:1,500円(1ドリンク付)

出 演:山内 浩(フォトジャーナリスト) 服部 滋樹(graf代表、クリエイティブディレクター)
    
予 約:電話予約・・・072-621-6953(グランファブリック)
    mail予約・・・タイトルを「8/21トーク予約」としていただき、お名前・人数・代表者の電話番号を明記の上、info@glanfabrique.com までお申し込みください。


※駐車場の台数に限りがございます。出来るだけ公共の交通機関を使ってお越しください。お止めいただけない場合は近隣のコインパーク等、有料駐車場のご利用をお願いいたします。


服部 滋樹|Shigeki HATTORI

a0122818_1144488.jpg

1970年 大阪生まれ。graf代表、クリエイティブディレクター。

'98年大阪、南堀江にショールーム“graf”をオープン。
2000年 “decorative mode no.3”設立。
同年、中之島に移転し、“graf bld.”を設立。
オリジナル家具の企画、製作、販売、店舗、住宅設計、施工、グラフィックデザインまでプロジェクト単位でチーム編成を交換しブランディ ングに至るまで様々なジャンルを行き来する。


山内 浩|Hiroshi YAMAUCHI

a0122818_11482367.jpg

1974年 大阪生まれ。フォトジャーナリスト。

米国州立オハイオ大学在学中から Anchorage Dail News を皮切りに地方紙数社でインターン。
2000年に帰国し個人的なプロジェクトを中心に取材活動を開始。現在フリーランス。

2007年 写真専門季刊誌 81LAB. Magazine 参加、6号より掲載開始
2008年 大阪本町にて81LAB. GalleryとBooks/Café Potocom設立に参加
2009年 VIIフォトエージェンシー所属John Stanmeyer氏によるNational Geographic誌の日本取材アシスタント


展示歴

2002年 大阪南港ATC(Asia Trade Center)グループ展にて「Shanghai Heat」発表
2003年 大阪南港ギャラリーCASOグループ展にて「East end, West end」発表
2004年 京都White Cubeギャラリー個展にて「Saigon Beat」発表
     京都Gallery ISSISにてグループ展「百人の写真展」参加
2005年 大阪 la galerie 個展にて「Urban Species」発表
2006年 京都White Cubeギャラリー個展にて「Memo Real: Ten years in Monochrome」発表
2007年 東京 Mememachine Galleryにてグループ展「Tokyo × Kolkata」参加
     JPS公募受賞作巡回展-東京都写真美術館、京都市美術館、愛知県美術館
     大阪 la galerie 個展にて「Varanasi – Kolkata」発表
     Mio写真奨励賞展 ー 大阪天王寺Mioホール
     上野彦馬賞展-九州産業大学美術館、福岡市美術館、東京都写真美術館、兵庫県尼崎市総合文化センター
2008年 大阪心斎橋ギャラリーアセンスにて81LAB. Magazine創刊2周年グループ展参加  
     大阪本町にてBook Café Potocom/81LAB. Galleryオープニンググループ展参加
     エプソンフォトグランプリ受賞展-新宿エプソンイメージングギャラリーエプサイト
     大阪81LAB. Gallery個展にて「Urban Pulse」発表
     JPS公募受賞作巡回展-東京都写真美術館、広島アステールプラザ、京都市美術館、愛知県美術館
     日中共同「2008中国」写真展-東京国際フォーラム、中国北京市故宮博物院
     大阪81LAB. Gallery 個展にて「Liberdade」発表(外務省南米課公認/協賛)
2009年 大阪心斎橋ギャラリーアセンスにて81LAB. Magazine創刊3周年グループ展
     エプソンフォトグランプリ受賞展-新宿エプソンイメージングギャラリーエプサイト
     清里フォトアートミュージアムヤングポートフォリオ展
     新宿コニカミノルタプラザにてコニカミノルタフォトプレミオ受賞展
2010年 大阪心斎橋ギャラリーアセンスにて81LAB. Magazine創刊4周年グループ展
     エプソンフォトグランプリ受賞展-新宿エプソンイメージングギャラリーエプサイト
     清里フォトアートミュージアムヤングポートフォリオ展
2011年 大阪ギャラリー la galerie 震災企画展に参加、「しるし」ポートフォリオ発表
     新宿コニカミノルタプラザにて「Sign ー写真家たちの311ー」展参加


受賞・コレクション収蔵歴

2007年 第32回JPS(日本写真家協会)公募展にて銅賞受賞
     第10回Mio写真奨励賞にて入選
     第8回上野彦馬賞九州産業大学フォトコンテストにて一般部門入選
     第29回新風舎出版賞ビジュアル部門にて奨励賞受賞
     第3回エプソンフォトグランプリにてヒューマンライフ部門入選
2008年 第33回JPS(日本写真家協会)公募展にて入選
     NPO日中写真文化交流協会フォトコンテスト入賞
     Esquire日本版デジタル写真賞クリエイティブ&コマース部門佳作
     清里フォトアートミュージアムヤングポートフォリオにて15点をパーマネントコレクションとして収蔵
2009年 第4回エプソンフォトグランプリにてヒューマンライフ部門特選
     Konica Minolta Foto Premio入賞
     清里フォトアートミュージアムヤングポートフォリオにて3点をパーマネントコレクションとして収蔵
2010年 第5回エプソンフォトグランプリにてヒューマンライフ部門入選


主な写真提供先

81 LAB. Photography Magazine (日)、DAYS Japan(日)、La Croix誌(仏)、International Herald Tribune誌(仏)、The New York Times誌(米)、The Financial Times誌(英)等。





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-09-12 17:00 | アーカイブ

第4回 共同企画公募展『おんさ』

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




第4回 共同企画公募展『おんさ』@ GLAN FABRIQUE(ギャラリー1: la galerie 、ギャラリー2: mougins [: the viewing room] )



a0122818_027536.jpg



本展は〈響き〉をテーマとした、多人数参加による共同企画公募展となります。今回で4回目となる本展では、大阪・兵庫・京都にある8つの場所が連動し、ひとつの空間(集合体)を創り出します。

〈響き〉は手にした物や、出来事、音や景色、そして人との出会いなど、様々な情報から伝わる要素であり、目に見えるものではなくその捉え方、受けとり方は人それぞれ違います。

『第4回 おんさ』では、出品作品を【平面】【立体】【写真】【映像】【音】【言葉】の6つのジャンルをそれぞれの会場に分け、2011年6/28(火)〜8/14(日)の期間に展示いたします。



◆ GLAN FABRIQUE では、【立体】と【音】の展示を行います。

会 場:GLAN FABRIQUE ギャラリー1: la galerie 【立体】および、ギャラリー2: mougins [: the viewing room] 【音】
会 期:2011年7月28日(木)〜 8月14日(日)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(14日)は17:00まで




///// 7月28日(木)オープニング・レセプション「ART SCAPE:五感を開放する時間」 ..........

【立体】と【音】の会場となる、la galerie & mougins [: the viewing room] に隣接しているカフェ「cafe百花moka」にて、オープニング・レセプションを行います。

a0122818_0305435.jpg


料理研究家の堀田裕介と、音楽家のhenlywork(ヘンリーワーク)によるライブパフォーマンス「食べられるアート:foodscape!」を行います。
henlyworkの奏でる楽曲に堀田裕介の調理音がライブでサンプリングされ、美味しい音楽が奏でられるという、実験的な試みになります。
パフォーマンス後は、出来上がった料理を皆さんに食べていただいて、お腹も満たしていただきます。

cafe百花【特別室】では、茶会も開催(料金別途)。
カフェ会場とは雰囲気も一変、静かな空間で感覚を研ぎ澄ませるようなひとときをお過ごしください。
尚、こちらはお席の都合で少人数限定とさせていただきます。

また、当 GLAN FABRIQUE inc. DESIGN WORKS 河上友信がデザイン、テラスに展示される現代の香時計「Clock of smell」は、香りの結界で会場全体を包み込み、香種を変えながら刻を計り知らせます。

視覚、聴覚、そして触覚、嗅覚、味覚の全てを使って、GLAN FABRIQUEの『おんさ』展を楽しみ尽くしてください。



◆『おんさ』オープニング・レセプション「ART SCAPE:五感を開放する時間」

日 時:2011年7月28日(木) 18:30開場 19:00〜 スタート。(cafe百花の通常営業は16:30までとなります。)

会 場:cafe百花moka(GLAN FABRIQUE 1F)

料 金:¥1,500(1ドリンク付)

パフォーマンス:堀田 裕介(http://welcametofoodscape.blogspot.com/)、henlywork(http://www.henlywork.com/
お点前(茶会):蓮池 亜紀



※cafe百花は16:30から18:30まで会場準備のためクローズいたしますが、展覧会場はオープンしておりますので、ご自由に観覧いただけます。
※駐車場の台数に限りがございます。出来るだけ公共の交通機関を使ってお越しください。お止めいただけない場合は近隣のコインパーク等、有料駐車場のご利用をお願いいたします。






///// 『おんさ』限定メニュー【百花のデザートオンサ】も大好評です! ..........

6/28〜8/14のおんさ展期間中、cafe百花では『おんさ』にちなんだ期間限定メニュー【百花のデザートオンサ(オープンサンド)】がメニューに加わります。
百花の「オンサ」は、トーストしたバゲットの上にスライスバナナ+メイプルシロップ+シナモンパウダーをたっぷり!そこにヴァニラアイスと生クリームを添えて。コーヒーや紅茶と相性抜群のデザートメニューです。

京阪神にある8つの会場を周りながら、こちらも是非!お楽しみください。




その他、各会場の展示期間など詳しくはコチラまで → おんさ公式H.P.:http://www.swimy.info/





GLAN FABRIQUE ギャラリー1: la galerie / ギャラリー2:mougins [: the viewing room]

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-08-14 17:00 | アーカイブ

川口 静佳 おうちといす展

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同



川口 静佳【おうちといす展】

a0122818_12402957.jpg



会 期:2011年6月30日(木)〜7月25日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(25日)は17:00まで




2005年の右近こうじとの二人展からかぞえると6回目、個展としては5回目の開催となる本展では、川口曰く「一皮むけた」新作をご覧頂ける展示となっています。

3.11を境に、制作する姿勢や作品への思いが変わったといいます。

実際に、その思いは造形に影響を及ぼし、立ち現れたそのフォルムからは、私たちもその心の振幅をうかがい知ることができます。
柔らかにカーブを描くその稜線は、女性のボディラインを連想させます。そして、ふくよかなふくらみからは母性を意識させ、さらには母なる地球の輪郭へと想像を拡げます。

自然を愛で、土と対話をしながら生まれた柔らかな造形を、ぜひご高覧ください。




◆ 7/9:アーティスト・トーク


日 時:2011年7月9日(土) 17:00〜
会 場:ギャラリー la galerie(GLAN FABRIQUE 1F)
料 金:入場無料

アーティスト・トーク・・・川口静佳 インタビュー:河上友信(GLAN FABRIQUE inc.代表)

※併設のcafe百花は通常営業いたしております。お席に着かれるお客さまに関しては、オーダーをいただきます。
※駐車場の台数に限りがございます。出来るだけ公共の交通機関を使ってお越しください。お止めいただけない場合は近隣のコインパーク等、有料駐車場のご利用をお願いいたします。



■作家在廊予定日:

6月30日(木)12:00 〜
7月 2日(土)14:00 〜
7月 9日(土)14:00 〜
7月16日(土)14:00 〜
7月23日(土)14:00 〜
7月25日(月)時間未定 〜 17:00



川口 静佳|KAWAGUCHI shizuka

1982 奈良県生まれ
2003 秋田公立美術工芸短期大学 工芸美術科 卒業
2004     同  学     工芸美術専攻科 修了

近年の活動
2008 2 いろいろなおうち展 (cafe la famille  /茨城)
4 2人展/with久保貴之(シャムア /大阪)
5 いろいろなおうち展 (ギャラリーアットザハイアット2 /大阪)
7 いろいろなおうち展 (SOUKA /島根)
8 いろいろなおうち展 (’tis Clay /鳥取)
11 作陶展ーおうちー  (日本茶カフェ一日、COMMOPLUS /兵庫)
12 いろいろなおうち展 (la galerie /大阪)

2009 3 いろいろなおうち展 (カナカナ /奈良)
5 いろいろなおうち展 (’tis Clay /鳥取)
8 私のかたち展/2人展(SOUKA /島根)
9 2人展/with久保貴之(シャムア /大阪)
10 絵本の中の月あかり展 2人展/with布仁美 (一月と六月 /鳥取)

2010 2 グループ展     (Fruit Cafe Saita! Saita! /兵庫)
3 いろいろなおうち展 (カナカナ /奈良)
5 いろいろなおうち展 (’tis Clay /鳥取)
8 いろいろなおうち展 (la galerie /大阪)

現在、奈良在住 自宅にて制作





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-07-25 17:00 | アーカイブ

玉村ヘビオ作品展【噺(はなし)】

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同



玉村ヘビオ作品展【噺(はなし)】

a0122818_21261977.jpg



会 期:2011年6月9日(木)〜6月27日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(27日)は17:00まで



今回の展覧会は、落語を題材に絵を描きました。

語りと仕草だけで江戸期から現代に伝えられた落語。

滑稽で、優雅で、優しくて、時には残酷で、人情味溢れ、笑いはもちろんのこと、涙もございます。

だからどうやねん!みたいな、どうにもならないものも。

そんな落語の世界のほんの一部を、目で楽しんでいただければとおもいます。

                              玉村ヘビオ



◆ 6/25 特別イベント:ギャラリーで落語を聴く・・・「桂しん吉【噺(はなし)会】」開催いたします。

a0122818_2250576.jpg


ただいま開催中の玉村ヘビオ【噺(はなし)】展に合わせ、ギャラリー落語会を行います。

今展で玉村は、落語を題材にした作品を発表しています。
ここでは、語りと仕草だけで江戸期から現代に伝えられた落語の世界を、絵で表現しています。
せっかくなので「作品に囲まれた空間で、本物の落語を体験したい!」と、ギャラリー落語会を企画いたしました。

こんなスペシャルな機会は滅多にございません。
是非、皆さまお誘い合わせの上、この日限りの「ギャラリー亭?」へご来場いただけますようお願いいたします。


日 時:2011年6月25日(土) 開場/17:00 アーティスト・トーク/17:30〜 落語開演/18:00〜

会 場:ギャラリー la galerie(GLAN FABRIQUE 1F)

料 金:1,500円(1ドリンク・おみやげ付)

出 演:落語(二席)・・・桂しん吉http://k-shinkichi.net/
    アーティスト・トーク・・・玉村ヘビオ インタビュー:河上友信(GLAN FABRIQUE inc.代表)
   
予 約:30名様限定となっております。
    電話予約・・・072-621-6953(グランファブリック)
    mail予約・・・タイトルを「6/25桂しん吉落語会予約」としていただき、お名前・人数・代表者の電話番号を明記の上、info@glanfabrique.comまでお申し込みください。


※駐車場の台数に限りがございます。出来るだけ公共の交通機関を使ってお越しください。お止めいただけない場合は近隣のコインパーク等、有料駐車場のご利用をお願いいたします。




■玉村ヘビオ:Hevio Tamamura

1971年4月23日生まれ
京都出身 大阪在住

グラフィックデザイナーを経て現在イラストレータとしてフリーで活動
2008年 玉村升一から玉村ヘビオに改名

□ほぼ日刊イトイ新聞「むかしの暦を楽しむ」「旧暦のしおり」イラスト担当
□積水ハウス環境絵本
□リーバイスキャラクター
□ノートルダム小学校 入学案内イラスト
□滋賀芸術会館サキラ 情報誌表紙イラスト
□阪急三番街ウィンドウギャラリー ディスプレイ
□オーダーイラスト各種 etc...

「Hevio Tamamura Website」http://torinoco.com/





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-06-27 17:00 | アーカイブ

緊急企画!茨木芸術中心といっしょに、「見る、聞く、話す、」ここだけの話。

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同



緊急企画!〜3.11.以降、変わったコト、変わらないコト。〜 茨木芸術中心といっしょに、「見る、聞く、話す、」ここだけの話。

a0122818_1534264.jpg


a0122818_14365447.jpg


トークショーのみ、入場料¥1.500(1drink 付)頂戴いたします。
※要予約 072-621-6953 GLAN FABRIQUE まで。


会 期:2011年5月19日(木)〜6月6日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(6日)は17:00まで




2011年3月11日。
三陸沖に於いて、マグニチュード9.1の巨大地震が起き、その影響による大津波が北関東一帯を襲い、その被害は甚大なものになっています。

そして、3月12日。
福島第一原子力発電所 第一、第二、第三号炉では、核燃料が格納容器下に溶け落ちる“メルトダウン”が起こっていました。

2ヶ月前に、続けざまに起こったふたつの未曾有の大災害は、過去のコトではなく、現在も進行しながら確実に日本の国土、海を蝕み、地球をも蝕もうとしています。

私たちの暮らす関西からは、少し距離のある、しかし地続きの場所で起こっている想像を絶する出来事に対して、一体何ができるのか?
決して収束には向かっていない現状で、しかし未来に向かって毎日をくらし続けていく為に、何を思考し、どう行動していけば良いのか、まずは自分たちが暮らすこの場所から、皆といっしょに考えはじめたいと思います。


2011年5月19日 茨木芸術中心コミッティ・メンバー 一同


このプログラムは、展示で見る、イベントに参加する、各界より招いたスピーカーの話を聞く、またそこに来た人にも話してもらう。
そして、知る。
知ったことを皆に話し、伝える。
繋がった皆と一緒に、また考え、アクションを起こそう。という主旨の下、この企画に賛同、参加した人たち全員で進行し、且つ継続していく場所、時間、デキゴトにしたいと考えています。

まだまだプログラムが追加されていく予定ですが、本日時点で予定されているプログラムを以下に記載します。


【展示プログラム】

・稲垣 元則 「増殖していくライブドローイング」

・尾崎 泰弘 「異次元飛行装置」http://gfabnews.exblog.jp/15887223/

鴻池 朋子 「ミミオ図書館・大阪分室」http://www.mizuma-art.co.jp/new/1301477523.php

・トミオカジュン 「プロジェクト絵馬」

西口 哲司(ILMA)+ 川嶋 守彦 「PAIMIO」http://lusto.exblog.jp/12533723/

・三潴 末雄(ミヅマアートギャラリー)よりメッセージ(予定)

ヤノベケンジよりメッセージ 「立ち上がる人々」

山内 浩 「しるし(被災地の写真展示)」



【聞く・話すプログラム】各回とも入場料¥1.500(1drink付):要予約

・5/21(土) 17時〜 ヤノベケンジ「太陽の子、太郎の子」

・5/28 (土)17時〜 服部 滋樹(graf)×鞍田 崇(総合地球環境学研究所 特任准教授)「オルタナティヴへの想像力」

・6/4 (土)17時〜 山内 浩(写真家)「しるし(被災地を撮影した写真を見ながらの報告)」

・6/5 (日)16時〜 脇本 秀史(DejaVu)「アート・ボランティアという行動」
※こちらのトークにつきましては、入場料¥1.500に「DejaVuの500円分の食事券+RQ市民災害救援センターへの寄付500円分+1drink」を含みます。
RQ市民災害救援センター:http://www.rq-center.net/


※当初予定しておりました 三潴 末雄氏(ミヅマアートギャラリー)のトークセッションは、都合により延期、今夏以降の開催とさせていただきます。何卒ご了承ください。
開催日時が決定しましたら、当ウェブサイトにてお知らせいたします。

■お問い合せ、ご予約:072-621-6953(GLAN FABRIQUE)



【イベント・プログラム】

・5/27(金)15時〜 U.F.O.茶会「にじり口はガルウィング」・・・亭主:河上友信、お点前:蓮池亜紀による、異次元飛行装置を茶室に見立ててのチャリティ茶会。

時 間:15:00〜17:00 一席 約30分間で1回につき3名ずつのご搭乗となります。
料 金: お一人様 500円+100円以上の募金。  ※お預かりした募金は、その全額を被災地義援金として寄付いたします。
お茶碗:東北出身の作家ものをいくつか。
お菓子:福島県の「生クリームどら焼き」

※雨天の場合、会場をギャラリー内へ移しての開催となります。


・4/29(日) cafe百花moka チャリティ・フリーマーケット・・・お馴染みのcafe百花フリマが、今回はチャリティ・バージョンで開催です。サスティナブル・エコロジーという意識は、こういう「くらしの延長線上」からこそ芽生えるのだと考えます。
今回はチャリティ・ブースを設置、売上げの全額を被災地への義援金として寄付いたします。
※雨天の場合は、開催中止といたします。


・4/29(日)15時〜 杉瀬 陽子ギャラリー・ライブ・・・岡本太郎「明日の神話」を題材にしたオリジナル曲「瞬きする間にサヨウナラ」を弾き語りで届けていただきます。カンパ制のライブとなります。


・4/29(日)〜6/6(月) one coin books / by「books + コトバノイエ」開店・・・「百花の百本」でお馴染み、川西「books + kotobanoie」による、100円、もしくは500円(ワンコイン)の期間限定ブックスチャリティショップが la galerie 内に登場します。
売上げの一部を被災地への義援金として寄付いたします。


・6.5(日)夕暮れ時〜  山下 博士 & 山下 ブン「キャンドル・ガーデン」


※日時未定のプログラムや、追加プログラムに関しては、決定次第発表いたします。



「茨木芸術中心【IBARAKI ART CENTRE】」とは?
茨木=くらし と読み替える。
くらしの中心にアートを置いてみる。
私たちは、芸術と寄り添うことで日々を豊かにしていきたいと、
茨木の街から考え、発信していきます。

茨木芸術中心コミッティ・メンバー 上田ミツオ・稲垣元則・トミオカジュン・河上友信



◆GLAN FABRIQUE 東日本大震災 被災者支援プログラム「OUR JAPAN LABEL」も、この企画に参加しています。

a0122818_17552197.jpg

このラベルは、東日本大震災 被災地への応援を表明する“しるし”です。
ラベルが表示された作品・商品・イベント等の売上げの一部を被災地支援のための寄付金としてお預かりし、「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」窓口へ送金いたします。


◆あなたが飲むコップ1杯の水が、誰かの命を守るチカラになる。「TAP PROJECT × GLAN FABRIQUE」も継続して皆さまからの募金を募っています。

a0122818_1911176.jpg

日本ユニセフ協会と連携して行っている被災地支援プログラム「TAP PROJECT 2011」も、引き続き募金箱を設置、期限を限ることなく継続的に募金のお願いをしています。
お預かりした寄付金は、日本ユニセフ協会を通して、全額を被災地の子どもたちへの支援に活用させていただきます。



この機会に「見て、聞いて、話して、」私たちと一緒に考え、アクションを起こしてみませんか?
皆さまのご来場を、茨木芸術中心一同、GLAN FABRIQUE スタッフ一同、お待ちしています。



主催:茨木芸術中心(IBARAKI ART CENTRE)  共催:GLAN FABRIQUE inc. OUR JAPAN LABEL  協力:MIZUMA ART GALLERY





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-06-06 17:00 | アーカイブ

尾崎泰弘+竹田直樹「BIG BANG - 淡路島で木を拾う」

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同


a0122818_1703564.jpg

a0122818_1793942.jpg

尾崎泰弘+竹田直樹「BIG BANG - 淡路島で木を拾う」

※会期が延長になりました。
会 期:2011年4月7日(木)〜5月16日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(16日)は17:00まで


淡路島を拠点に活動する二人のアーティスト、尾崎泰弘(現代美術家)と竹田直樹(造園芸術家)は、今回、宇宙の始まりについて共に考えました。
そして、二人は淡路島の海岸や田畑や野山で木を拾い、それを用いて宇宙の最初期の瞬間を説明する「ビッグバン盤」を共同制作、本展にて発表・展示いたします。

本展では、このほかに竹田が流木や薪を極限まで研磨し宝石化した「森の宝石」を、尾崎が農業廃材を用いて時空を変換する「異次元飛行装置」を、併せて発表いたします。

こうして、淡路島のうつろいゆくのどかな自然の瞬間は、宇宙の始まりと融合することにより物質化し、近代社会の中で私たちが手にした内面に宿る普遍的な記憶の記録媒体として提示されることになったのです。





◆GLAN FABRIQUE テラス前にて展示中の「異次元飛行装置」が、「cafe U.F.O.」として営業中!

a0122818_23104775.jpg

テラス前広場に於いて設置、展示されている尾崎泰弘「異次元飛行装置」に搭乗していただけます!
BIWAKOビエンナーレ2010で発表されたこの作品、今展では「cafe U.F.O.」とサブタイトルが付けられており、機体に搭乗?!していただいて、お茶していただくことができます。尾崎自身がBIWAKOビエンナーレで望みながらも果たせなかった、「カフェとしての作品活用」を今展にて実現しています。
また、この作品につきましては、GLAN FABRIQUE が行っている東日本大震災 被災者支援プログラム「OUR JAPAN LABEL」に参加しています。
搭乗料としてお一組様につき ¥300/1時間 を申し受け、その全額を被災地支援のために寄付いたします。
※混雑時は合い席のお願いをさせていただく場合がございます。ご了承ください。

多くの皆さまのご高覧、ご搭乗をお待ちしています。





◆5月3日(火・祝)「BIG BANG」展 特別企画 アーティスト・トーク+えま&慧奏 Live 決定!!

a0122818_19285770.jpg

今展に合わせ、作家によるアーティスト・トーク+ギャラリーライブを行います。
流木や森で木を拾って、または産業廃材や農業廃棄物を使って作品をつくり出す2人。自身の作品を前に、インタビュー形式でお話を聞きます。
アーティスト・トークの後は、伝説のバンド「風の楽団」で出会い、淡路島から世界に向けて音楽の力を伝える2人組のユニット「えま&慧奏」を迎えて、ギャラリーライブを行います。

日 時:2011年5月3日(火・祝) アーティスト・トーク:15:00〜 ライヴ:16:30〜

料 金:無 料(ライヴはカンパ制となりますので、皆さまのご協力をお願いいたします!)

出 演:トーク:尾崎泰弘、竹田直樹 ライヴ:えま&慧奏




◆作家在廊予定日:会期中の土・日曜日 時間未定



◆尾崎泰弘「異次元飛行装置」搬入の模様:“ GLANFABRIQUE TV 「la galerie 搬入なう!」 Twit Casting ”より

http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1399251
http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1399299
http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1399710
http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1399817
http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1399949
http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1400091
http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1400288
http://twitcasting.tv/anniee808/movie/1400390



◆プロフィール

尾崎泰弘 / Yasuhiro OZAKI

1959年 兵庫県淡路島生まれ、在住

82年より各地で作品を企画・構想・制作
93年に「THE ARK PROJECT」企画・制作を開始
99-2000年にハプニング・世紀間限定プロジェクト「HAKOBUNEパレード/わたしたちは未来に何を残せるのだろう…」を展開
近作には<淡路島浮上計画><異次元飛行装置><未来への方舟><ピース・ボーイ><THE LITTLE PRINCE>等がある

最近の展覧会

2004 個展「With The Flow」(Nafsha/神戸)
2005 淡路島アートフェスティバル「淡路島浮上計画」 (発明工房・里山基地・みよし荘/淡路島)
 個展「The Circle Game」(サーカス・サーカス/神戸)
2006 取手アートプロジェクト2006 一人前のいたずら「終末処理場浮上計画」「古代天文台」「ARK 」など(茨城県取手市)
2009 個展「王國」(サーカス・サーカス/神戸)
2010 淡路島・国生み神話芸術祭2010「鎮守の森、美術館計画」および「神かたり」舞台美術(賀茂神社/淡路島)、琵琶湖ビエンナーレ など


竹田直樹 / Naoki TAKEDA

1961年 姫路市生まれ

1984年 千葉大学園芸学部造園学科卒業 
1992年 野外彫刻に関する論文で博士(学術)
1999年より、兵庫県淡路島を拠点に制作活動を展開。植物や庭園や風景に関わる作品を制作する。兵庫県立大学や沖縄県立芸術大学で環境芸術に関わる科目を教えている。

最近の展覧会

2009 越後妻有アートトリエンナーレ
2010 広島アートプロジェクト
2010 琵琶湖ビエンナーレ など



えま&慧奏

慧奏/Esoh(Piano・key・民族打楽器 etc.)
ピアノをメインに、オーバートーンヴォイス(倍音歌唱法)や循環呼吸など独特な奏法や、先住民族のスピリチュアルな伝統楽器と石や木から成る自然素材のオリジナル楽器なども演奏する。その多才さと精神性の高いプレイは、シーンの中でも際立つ存在としてあり続ける。
'87年には、自己のグループ「Silent Pulse」で、モントルー・ニュージャズ・フェスティバル(スイス)に出演する。'91年、ダンス公演「アマミシネリ」の音楽担当として、沖縄・ローマ・パリ・ギリシャ公演をツアーする。
風の楽団〜Wind Travelin' Band のメンバーとして、えまと共に、グラストンバレー・フェスティバル(イギリス)や、アメリカ西海岸ツアーなど国際的に活動を展開しながら、広くアーティストとの交流をもち、多数のユニットに参加。
もっとより良い世界へと心を向ける人々との間で、音楽イベントやアルバムの制作・プロデュースにも携わる。

えま/Ema(うた・二胡・etc.)
この世のあらゆるものをウタに聞く。
ジャンルも国籍も問わないONENESSの源へ、音楽を道しるべに活動中。
レインボウ・ヴォイスと称される唄声・・・そして、中国の二胡や、タイ・ベトナムの胡弓、月弓などの弓奏楽器を独学で弾きこなし、その倍音を強く生かした奏法により「もうひとつの声」 として奏でる、異色女性アーティスト。
『えま&慧奏』はじめ、伝説のバンド『風の楽団』、他沖縄・奄美の 島唄との共演等、沢山のアーティスト達とのコンサート・レコーディ ングに参加。ビジュアルアートやイベントプロデュース、他アーティストのサウンドデザインを手がけるなど幅広く活躍する。

http://www.yuraiworks.com/




GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-05-16 17:00 | アーカイブ

YUKA ETO Drawing Exhibition

a0122818_2217544.jpg


東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




◆江藤 由夏 絵画展

会 期:2011年3月24日(木)〜4月4日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(4日)は17:00まで




地震がありました


こわかったです
自然は容赦なく 私たちに対して自然でした

人間は弱いものでした

より強く生きていたいと思うようになりました
大切な人との時間が とても貴重に感じます

そして 生きようとしている人たちを感じて
何かできることはないかと やきもきしています

ああ、東北にはこのビニール袋1枚 欲しい人が
どれだけいるんだろうか

いつも当たり前にあることの 有難さを思います

地震で
人間として 生き方を考える機会をもてました


豊かさをなくして より鮮やかに見える 
人と人とのつながり
人と自然のつながり


何も力になれないと思う せめて
この思いを薄まらないように とどめていたいのです



こうして絵をかいて 見てもらえるという 時間に 場所に 感謝します。


                 2011.3  江藤 由夏




作家在廊予定日:会期中の土・日曜日



江藤 由夏 / えとう ゆか

1976年生まれ

受験時代に鉛筆画家・佐田元恵子氏と出会い
佐田元氏主宰鉛筆画グループ「STEP」に所属
年に一度鉛筆画グループ展(茨木市立ギャラリー)に出展
京都芸術短期大学・日本画コース・専攻科修了
佐田元氏主宰子ども鉛筆画教室で2年間講師を務める
現在、私立小学校教員。


個展

2004 イタリアの長椅子(茨木市・鉛筆画)
2006  R.Pギャラリー(大阪市・鉛筆画)

グループ展

茨木市立ギャラリー(茨木市・鉛筆画)
ギャラリーRAKU(京都芸短ギャラリー・日本画)
彦九郎(京都・日本画)
JKカフェ(高槻市・鉛筆画と写真)
etc…





ギャラリー la galerie

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2010 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-04-04 17:00 | アーカイブ

オリイミエ展

a0122818_22271362.jpg


東北地方太平洋沖地震で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる
時間を提供し続けることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同




◆オリイミエ展

会 期:2011年2月24日(木)〜3月21日(月・祝)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(21日)は17:00まで




すきまを埋めるということ

何かを探しているということ

旅をしているということ

新しい季節が来るということ

日記を書くということ

自分と向かい合うということ

描くということとは


いつだったか、ある人が言った。
自分自身のカルテを書いているようだ。と。

白く覆うようになったのは、いつからだろう。


               オリイミエ




作家在廊予定日:2/26(土) 〜17時頃まで
        3/ 4(土) 〜17時頃まで



オリイミエ / oriimie

1971 岡山県倉敷市生まれ
1994 大阪芸術大学 芸術学部美術学科 卒業

個展
1994 「MINT」 喫茶モップ(岡山)
1995 「バニラアイズ」 アフターミュージックカフェ(岡山)
1996 「界」倉敷市立美術館(岡山)
1997 「dual day book」 ギャラリー8x8 (岡山)
1998 「parts」 アフターミュージックカフェ (岡山)
1999 「zoo」 駅ビル ルブランストリートギャラリー (岡山)
2000 「odd pattern」 room op8 (岡山)
2001 「発疹」 CELL GALLERY (岡山)
2002 上の町商店街企画 コーディネーター NPOミーツ+CELL GALLERY (岡山)
2004 企画 いづし文化横丁(廃校跡) (岡山)

グループ展
1994 「それから」 ギャラリークオーレ (大阪)
1995 親子三人展 ジャズ喫茶アヴェニュー (岡山)
1999 「下半身」展 ギャラリーうず潮 (大阪)
1999 新鋭作家選抜展 倉敷市立美術館 (岡山)
2000 「檸檬」展 ギャラリー8x8・room op8共同企画 (岡山)
2000 「stating over」 M's (岡山)
2001 動物展 砂丘美術館 あかつき館 (高知)
2002 企画 CELL GALLERY (岡山)
2007 アプト企画 カフェZ (岡山)





ギャラリー la galerie

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2010 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-03-21 17:00 | アーカイブ