la galerie

緊急企画!茨木芸術中心といっしょに、「見る、聞く、話す、」ここだけの話。

東日本大震災で被害を受けられた皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。
そして、一日も早い復興をお祈りいたします。

私たち GLAN FABRIQUE は、
コミュニティでの文化・くらしを考え、発信する集団として、
日々の生活に少しでも光を与えることのできる時間を
提供しつづけることが大切であると考えています。

             GLAN FABRIQUE スタッフ一同



緊急企画!〜3.11.以降、変わったコト、変わらないコト。〜 茨木芸術中心といっしょに、「見る、聞く、話す、」ここだけの話。

a0122818_1534264.jpg


a0122818_14365447.jpg


トークショーのみ、入場料¥1.500(1drink 付)頂戴いたします。
※要予約 072-621-6953 GLAN FABRIQUE まで。


会 期:2011年5月19日(木)〜6月6日(月)
時 間:12:00 〜 20:00 ※最終日(6日)は17:00まで




2011年3月11日。
三陸沖に於いて、マグニチュード9.1の巨大地震が起き、その影響による大津波が北関東一帯を襲い、その被害は甚大なものになっています。

そして、3月12日。
福島第一原子力発電所 第一、第二、第三号炉では、核燃料が格納容器下に溶け落ちる“メルトダウン”が起こっていました。

2ヶ月前に、続けざまに起こったふたつの未曾有の大災害は、過去のコトではなく、現在も進行しながら確実に日本の国土、海を蝕み、地球をも蝕もうとしています。

私たちの暮らす関西からは、少し距離のある、しかし地続きの場所で起こっている想像を絶する出来事に対して、一体何ができるのか?
決して収束には向かっていない現状で、しかし未来に向かって毎日をくらし続けていく為に、何を思考し、どう行動していけば良いのか、まずは自分たちが暮らすこの場所から、皆といっしょに考えはじめたいと思います。


2011年5月19日 茨木芸術中心コミッティ・メンバー 一同


このプログラムは、展示で見る、イベントに参加する、各界より招いたスピーカーの話を聞く、またそこに来た人にも話してもらう。
そして、知る。
知ったことを皆に話し、伝える。
繋がった皆と一緒に、また考え、アクションを起こそう。という主旨の下、この企画に賛同、参加した人たち全員で進行し、且つ継続していく場所、時間、デキゴトにしたいと考えています。

まだまだプログラムが追加されていく予定ですが、本日時点で予定されているプログラムを以下に記載します。


【展示プログラム】

・稲垣 元則 「増殖していくライブドローイング」

・尾崎 泰弘 「異次元飛行装置」http://gfabnews.exblog.jp/15887223/

鴻池 朋子 「ミミオ図書館・大阪分室」http://www.mizuma-art.co.jp/new/1301477523.php

・トミオカジュン 「プロジェクト絵馬」

西口 哲司(ILMA)+ 川嶋 守彦 「PAIMIO」http://lusto.exblog.jp/12533723/

・三潴 末雄(ミヅマアートギャラリー)よりメッセージ(予定)

ヤノベケンジよりメッセージ 「立ち上がる人々」

山内 浩 「しるし(被災地の写真展示)」



【聞く・話すプログラム】各回とも入場料¥1.500(1drink付):要予約

・5/21(土) 17時〜 ヤノベケンジ「太陽の子、太郎の子」

・5/28 (土)17時〜 服部 滋樹(graf)×鞍田 崇(総合地球環境学研究所 特任准教授)「オルタナティヴへの想像力」

・6/4 (土)17時〜 山内 浩(写真家)「しるし(被災地を撮影した写真を見ながらの報告)」

・6/5 (日)16時〜 脇本 秀史(DejaVu)「アート・ボランティアという行動」
※こちらのトークにつきましては、入場料¥1.500に「DejaVuの500円分の食事券+RQ市民災害救援センターへの寄付500円分+1drink」を含みます。
RQ市民災害救援センター:http://www.rq-center.net/


※当初予定しておりました 三潴 末雄氏(ミヅマアートギャラリー)のトークセッションは、都合により延期、今夏以降の開催とさせていただきます。何卒ご了承ください。
開催日時が決定しましたら、当ウェブサイトにてお知らせいたします。

■お問い合せ、ご予約:072-621-6953(GLAN FABRIQUE)



【イベント・プログラム】

・5/27(金)15時〜 U.F.O.茶会「にじり口はガルウィング」・・・亭主:河上友信、お点前:蓮池亜紀による、異次元飛行装置を茶室に見立ててのチャリティ茶会。

時 間:15:00〜17:00 一席 約30分間で1回につき3名ずつのご搭乗となります。
料 金: お一人様 500円+100円以上の募金。  ※お預かりした募金は、その全額を被災地義援金として寄付いたします。
お茶碗:東北出身の作家ものをいくつか。
お菓子:福島県の「生クリームどら焼き」

※雨天の場合、会場をギャラリー内へ移しての開催となります。


・4/29(日) cafe百花moka チャリティ・フリーマーケット・・・お馴染みのcafe百花フリマが、今回はチャリティ・バージョンで開催です。サスティナブル・エコロジーという意識は、こういう「くらしの延長線上」からこそ芽生えるのだと考えます。
今回はチャリティ・ブースを設置、売上げの全額を被災地への義援金として寄付いたします。
※雨天の場合は、開催中止といたします。


・4/29(日)15時〜 杉瀬 陽子ギャラリー・ライブ・・・岡本太郎「明日の神話」を題材にしたオリジナル曲「瞬きする間にサヨウナラ」を弾き語りで届けていただきます。カンパ制のライブとなります。


・4/29(日)〜6/6(月) one coin books / by「books + コトバノイエ」開店・・・「百花の百本」でお馴染み、川西「books + kotobanoie」による、100円、もしくは500円(ワンコイン)の期間限定ブックスチャリティショップが la galerie 内に登場します。
売上げの一部を被災地への義援金として寄付いたします。


・6.5(日)夕暮れ時〜  山下 博士 & 山下 ブン「キャンドル・ガーデン」


※日時未定のプログラムや、追加プログラムに関しては、決定次第発表いたします。



「茨木芸術中心【IBARAKI ART CENTRE】」とは?
茨木=くらし と読み替える。
くらしの中心にアートを置いてみる。
私たちは、芸術と寄り添うことで日々を豊かにしていきたいと、
茨木の街から考え、発信していきます。

茨木芸術中心コミッティ・メンバー 上田ミツオ・稲垣元則・トミオカジュン・河上友信



◆GLAN FABRIQUE 東日本大震災 被災者支援プログラム「OUR JAPAN LABEL」も、この企画に参加しています。

a0122818_17552197.jpg

このラベルは、東日本大震災 被災地への応援を表明する“しるし”です。
ラベルが表示された作品・商品・イベント等の売上げの一部を被災地支援のための寄付金としてお預かりし、「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」窓口へ送金いたします。


◆あなたが飲むコップ1杯の水が、誰かの命を守るチカラになる。「TAP PROJECT × GLAN FABRIQUE」も継続して皆さまからの募金を募っています。

a0122818_1911176.jpg

日本ユニセフ協会と連携して行っている被災地支援プログラム「TAP PROJECT 2011」も、引き続き募金箱を設置、期限を限ることなく継続的に募金のお願いをしています。
お預かりした寄付金は、日本ユニセフ協会を通して、全額を被災地の子どもたちへの支援に活用させていただきます。



この機会に「見て、聞いて、話して、」私たちと一緒に考え、アクションを起こしてみませんか?
皆さまのご来場を、茨木芸術中心一同、GLAN FABRIQUE スタッフ一同、お待ちしています。



主催:茨木芸術中心(IBARAKI ART CENTRE)  共催:GLAN FABRIQUE inc. OUR JAPAN LABEL  協力:MIZUMA ART GALLERY





GLAN FABRIQUE ギャラリー「 la galerie 」

大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F
開廊時間 ..... 12:00〜20:00 展覧会最終日 12:00〜17:00
休廊日 ........ 火・水曜日
お問合せ ..... 072-621-6953
URL:http://glanfabrique.com




copyright 2003-2011 GLAN FABRIQUE inc. All rights reserved.
[PR]
by la_galerie | 2011-06-06 17:00 | アーカイブ